専門性の高い仕事なら自宅でも可能

会社勤めができなくなったり、自分1人で仕事をしたくなったりした場合の選択肢として考えられるのが在宅仕事です。

いわゆるSOHOと呼ばれる仕事のスタイルです。

SOHOの収入を決める大きな要素は、その人の持っているスキルです。

たとえば専門性の高い機械や電子工学などの理工系の高度な知識や業務の経験者は、その分野で稼ぐことができます。

たとえばプログラミングのスキルのある人はスマートフォンのアプリ開発などで稼ぐことができます。

Web制作も自宅にいながら稼げる仕事のひとつです。

ゲームクリエイターや、サーバ・ネットワーク設定、ハードウェアの設計や開発も在宅仕事で稼げる仕事です。

デザイン関連はSOHOが多い

自宅でできる仕事を代表するものがデザイン関連職です。

ロゴやバナーのイラスト、アイコン作成や包装・パッケージデザイン、近年ではLINEのスタンプ作成などの仕事もあります。

ハガキのデザインや企業のダイレクトメール作成などの印刷物やDTPデザインは在宅仕事で稼ぐことのできる仕事です。

絵に自信のある人は、まずは会社で働きながらできる仕事ですので、SOHOの求人サイトなどから申し込んでみるといいでしょう。

ただ、デザインする能力さえあれば、どんどん仕事が舞い込んでくるわけではないので注意しましょう。

仕事を発注してくれるクライアントを自ら開拓して、条件を交渉する能力も必要になります。

デザイン関連の仕事は単価設定が幅広く、営業力のあるなしによって収入がまったく違ってきます。

サイト作成・運営も在宅でできる

企業や会社、個人事業主、法律事務所などのサイトを製作して管理・運営を行う仕事も在宅仕事として多くあります。

サイト作成は1件あたり3万円から5万円が相場と言われていますが、なかには10万円以上という仕事もあります。

Web作成に関する専門的な知識が必要ですし、何らかの実績がないと受注は困難ですが、軌道に乗れば安定的に稼げる仕事です。

管理・運営は1ヶ月や3ヶ月という期間での契約が多くありますが、1つのサイトの運営を継続的に任されることがあり、こういった場合には安定継続して収入を得ることができます。

ライティング・リライトも会社に行かなくていい

指定のジャンルやキーワードで文章を作成したり、持ち込まれた文章をリライトする仕事です。ダイエットに関する記事や、パソコンに関する情報をまとめた文章などを執筆していきます。

1000字で100円程度から300円程度まで幅広くあります。専門的な記事は知識と実績が必要です。文字の打ち込みの速さで収入が左右されます。

他にはアフィリエイトという手段もあったりしますね。

仕事を辞めたいがために在宅でいいの?

これが一番の問題です。在宅仕事でどれほど稼げるのかを考えなくてはいけません。今あげた仕事でもせいぜい1か月頑張って10数万円から、専門職ならもっと上を目指せます。

今ある会社員としての安定した仕事を辞めたいという理由だけで在宅仕事を夢見るのはよく考えてからです。