薬剤師の職場

薬剤師という仕事、なかなかなれるものではありません。

なりたくてなった職業、年収もそこそこ高い。その職を捨てて‥という方は少ないはずです。

しかし薬剤師でも辞めたいと思うことはありますよね。

そんな帰路に立たされた時、薬剤師を辞めたいと思った時のいくつかのアドバイスをさせて頂ければと思います。

薬剤師が辞めたい幾つかの理由とは

薬剤師は意外と将来性や進む道が細い世界です。

そもそも薬剤師業界では、管理職自体がものすごく少ないため、給与に差が出るまでに長いキャリアを築かなければいけません。

一般的には薬剤師の給料は他の仕事に比べると高いのは確かに実感できると思いますが、特に薬局での業務は毎日同じ作業の繰り返しで3年以上が経過すると仕事内容に対して変わりばえなくダラダラと毎日が過ぎていく環境にモチベーションが上がらなくなっていく方も多いでしょう。

そうなると薬局以外に製薬会社や病院勤務など別のフィールドで活躍してスキルアップを果たしたいニーズが強くなっていきます。

私の場合は先輩に相談したところ意外と今のご時世ではスキルアップのために転々としている人が多いとしり自分も真剣に転職を考えるようなりました。

薬剤師の職場の悩みと人間関係の改善は?

私が感じる薬剤師としての仕事で辛い点は、人間関係を挙げます。

私のいた薬局では地域密着型の薬局の勤務先で働いていて、薬剤師は4人勤務をしていました。

お局さん的なタイプの女子が一人いて、新人の教育や仕事の業務内容を指示するなど権力を強く持っていました。そのお局さんに好かれるがどうかでまずは居心地の良い職場になるかどうかが大きく左右されていました。

この狭い業界、狭い人間関係で薬剤師を辞めたいと思う方は少なくありません

初めは、仲良く仕事をしていても教えられていない初めての業務に対して、「周りを見ていれば気づくのが普通でしょ」と言われるようになるなど、自分のルールが強く周りに強制してくるスタイルなのでぶつかることも多かったですね。

我慢ができず自分の意見を伝えるといじめられるようになるなど人間関係が一番ドロドロしている業界というイメージなかったのでそのギャップに薬剤師を辞めたいと思ったのです。

薬剤師の転職先で採用されやすいのは?

薬剤師を辞めたらできる転職先は、製薬会社でのMRの職を候補として挙げます。

薬剤師として身につけた専門知識を生かせる上、薬剤師としての仕事ではない別の業界で活躍したいというのであれば一番人気はMR職になります。

学会に出てMRとして営業に飛び回る日々は、これまで薬局で患者様を待つというスタイルにはなかった自分から仕事を取りに行くという野心あふれる環境にモチベーションも高く仕事に向かい合うことができるのもメリットです。

また、薬剤師をやめた場合、多くの人は時間を空けてまた薬剤師として復職するという人が多もこの業界の特徴です。

ただし、薬局で不満がある人は、そのほかに、病院や、ドラッグストアーなど薬剤師を求めている職場は多数ありますので、転職するには非常に見つけやすいというので有利だと思います。

製薬会社の営業職として、製薬会社での研究職としてもこれから活躍することができる薬剤師の仕事は非常に専門職の中でも幅の効いた優れた資格なので生かすほかはありません。

▼マイナビ薬剤師▼

薬剤師を辞めてMRへ、私の体験談

薬剤師をやめて製薬会社のMR職として私は転職をしました。

初めは慣れない飛び込み営業ばかりで苦労をしましたが、次第に病院関係者の方々と人脈ができるようになり仕事が成功して行くようになっていきました。

月によってノルマが達成できない時もあり辛いと感じることもありますが、自分が頑張ったぶんだけ確実に給与に反映される業界なので、モチベーションも高く、日々生き生きして目標を持ちながら生活をすることができるようになり結果としてよかったと感じられています。

人間関係にも困ることは少なくなり、外に出て営業活動をしている時間が多いので、個人で仕事を管理している形式なため、職場で嫌な人と何度も顔をあわせるということもないのでよかったです。

新卒/経験者の薬剤師を辞めたい方へのアドバイス

薬剤師を辞めたいと思っている人へのアドバイスは、特に新人・新卒の方は3年以上は経験を積むことがおすすめです。

というのも転職業界は、最低でも3年以上の社会人経験または薬剤師としての経験を応募の際の最低ボーダーラインに設定しているところが多数見受けられます。

入社して数ヶ月でやめてしまうとせっかく能力があっても生かすことができる給与手当などの悪い会社に入社するしかない環境になる事もあります。

歯を食いしばってなんとか自分の将来のためにも3年以上は勤務をしてから転職をするということを意識しておきましょう。

人材が不足していて転職者に有利な市場でなければ3年未満で転職活動を始めると応募すらできずに辛い経験をすることが増えてしまいます。逆に売り手市場であれば、どんな会社があるのか募集を見てみるのも悪くありません

既に薬剤師としての経歴がある方はキャリアプランを考えて様々な職種も視野に入れて、転職活動をしましょう。

▼マイナビ薬剤師が転職におすすめ▼