新入社員のくせに仕事辞めたい主な理由

新入社員が入ったばかりの会社を辞める主な理由は、「勤務条件が悪かった」というものです。

ギャップに戸惑う勤務条件とは、残業時間や休日の少なさ、給与額などです。

これらの多くは入社前の説明会で聞いた内容よりも過酷なケースで、5月の連休で退職の意思を固める新入社員が多くなっています。

仕事に「慣れる」ことで辞めたいという気持ちが薄れることもありますので、仕事内容が原因で辞めたいと思った時にはしばらく様子を見てみることをお勧めします。

3年は頑張れと言われるが…

辞めたいと思っても3年は頑張った方が良いと言われた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

新入社員も3年経つと仕事の流れを一通り把握して、会社の一員として立派に仕事をこなしている時期です。

入社当初は戸惑ったことでも3年続けると気にならなくなることもあります。

また、3年という期間で経験を積むことで次の転職にも有利になります。

1年未満で辞めてしまった場合でも新卒扱いにはなりませんので、「根性の無い人」というレッテルを貼られてしまいます。

その点3年以上頑張った人には仕事上での実績もそれなりについてきますので、転職でもアピールできる材料が増えます。

第二新卒も転職扱い、新卒ではなくなる

例え1ヶ月で退社してしまったとしても、新卒ではなくなります。

第二新卒とは、学校を卒業後数年間仕事に就かなかった人のことを指しています。

新卒よりも年齢が上なので、新卒に比べて就職先が少なくなる傾向にあります。

入社後すぐに辞めてしまった場合も第二新卒とみなされることが多く、新卒ほど求人の数は多くありません。

企業側は「研修を受けている新人」として採用しますので、社会人としてのマナーは身についていると判断されます。

若いゆえに可能性はあるから安心しろ!

新入社員ですぐに会社を辞めてしまった場合、何の経験も持たずに会社を辞めたことになり、転職の際にアピールするスキルが何もありません。

しかし、働いた経験がほとんどないという点を重視する企業があるのも事実です。

何色にも染まっていない状態ですから、これから育てていくという気持ちで第二新卒を歓迎する企業もたくさんあります。

転職活動の方法を確認せよ

辞めた後の転職活動ですが、無職の期間が長いと転職に不利になりますので、できるだけ退職後すぐに働けるように効率よく転職活動を進める必要があります。(もろもろの詳細はトップページにて)

会社に辞める意思を示してから、転職サイトなどで求人を見つけ、休みの日や有給休暇を利用して面接を受けると良いでしょう。

いつから働き始めることができるかを転職先の企業に尋ねられたら、退職日を伝えて初出勤の日を設定して伝えてください。