40代でも辞める人がいるので

仕事辞めたい30代が増えています。

たとえば大学の新卒で入社して、10年前後経つと業界のことも分かってきますし、自分の会社の良いところも悪いところも見えてきます。

また、この時期には自分が新卒で就職したときよりも世の中が変わっています。

自分の仕事に将来性があるのだろうかと思うのが30代です。

30代だけでなく、今は40代で辞める人が増えています。

40代なら、結婚する人はしていますし、そうでなく独身を貫く人はそう腹をくくっています。

今後の自分がどうなりたいのか考えた結果、最後のチャンスとして仕事を辞めて新しい道を歩み始めます。

IターンやUターンで転職する40代は非常に多く、転職サイトでもそういった求人が増えている現状があります。

30代での転職はキャリアの再検討をするチャンス

仕事辞めたい30代の人は、ここが自分のキャリアを再検討するチャンスととらえましょう。

辞めたいと思ったということは、自分と仕事にどこか噛み合わないところがあったということです。

そう思った自分は、今まで何をしてきて、これからどうなりたいのか考えてみましょう。

その結果、確かにこの会社・業界・仕事内容が合わないと確信できるかもしれません。

また、今後自分がどうなりたいのか考えてみましょう。

都会生活が向かなかったのかもしれません。

または大都市圏に出て勝負したいと考えているのかもしれません。

海外で働くのが向いているかもしれません。

30代は未経験の仕事に挑戦するラストチャンス

転職サイトや求人広告などを見てみると分かるように、未経験で業界に飛び込むことのできるのは、30代までです。

それ以降は転職でも自分が経験した業界や仕事でないとなかなか転職のチャンスはありません。

たとえば今まで研究職だった人が、営業職にチャレンジしようとするなら、30代がラストチャンスです。

この機会を逃すと、後はかなりの困難を伴います。

また、非正規社員として働いていた人が正社員にチャレンジできるのも、30代が最後のチャンスです。

今の転職では正社員になることを前提として派遣社員として入社するという制度がありますが、これも30代までです。

このチャンスを活かしましょう。

女性は結婚・出産も考えて

女性の転職で考慮しておきたいのが、結婚と出産です。

会社にもよりますが、結婚・出産では離職するのが当たり前という会社もあります。

逆に、結婚して出産を経験してから復職するのが定着している会社もあります。

女性には出産から子育てという重要な人生のステージが待っています。

それを応援してくれる会社に転職しましょう。

 

仕事辞めたい気持ちの最後は決断

決断するのは難しいです。いままでお世話になった会社に別れを告げられるか、今の自分の能力を買ってくれる企業があるか、新天地でやっていけるか。

すべては決断から道が開けます。その決断をするためには「内定」をもらうのが一番です。