仕事辞めたいのは計画性の無さを自覚せよ

新しい仕事に就いて、または新卒で入社して3ヶ月くらい経つと、自分がどの程度通用するのか分かってきます。

ここで意外に自分が仕事ができないことや、周囲に比較して劣っていることに気付くのは珍しいことではありません。

なかには、予想以上にブラック企業だったかもしれませんし、周囲が有能すぎて自分のスキルがまったく通用しなかったかもしれません。

3ヶ月目にして辞めたいと考えるようになったら、理由が何にせよ、こういった状態に陥った最も大きな要因は自分の計画性の無さ甘えということになります。

その職場なり業界なりで何が必要なのか見極めずに、その職場を選んでしまったと言われても仕方ないでしょう。

就職のときに、しっかり転職担当者に相談するなり、転職エージェントの意見を聞くなりしなかったのでしょうか。

業界・会社研究不足の結果

その業界や会社をしっかり研究しておいて、それに見合ったスキルが自分にあるかどうか見極めずに転職・就職すると、入社してからツライ目にあうことがあります。

入社して辞めたいという気持ちが起きるのは、入社してすぐの場合と、3ヶ月目が多いと言われています。

その理由の多くが「思っていた会社ではなかった」「上司とのやり取りが苦痛」「自分には向いていなかった」「達成不可能なノルマが課せられて苦痛」などといったことです。

こういったことは事前に会社研究不足であることが原因でしょう。

どのような業界・会社にも、それなりのルールや仕事の仕方がありますし、評価の仕方もその会社によって違っています。

こういったことは事前にしっかり研究してから、その会社を選ぶべきだったと言えるでしょう。

やりたい仕事をやろう

入社して3ヶ月目で辞めたいと思うようになったら、まずは先輩なり上司なりの相談しやすい人に話をしてみましょう。

転職エージェントを利用した人は、エージェントで構いません。友人でもいいですし、ハローワークでも相談に乗ってもらえます。

辞めたいと考えた理由をよく考えてみましょう。

ノルマがキツイと考えたとしたら、もしかしたら会社が自分に期待しているのかもしれません。入社したての社員に無理をさせてみて、限界を測ろうとしているのかもしれません。自分は何をやろうとして、この仕事を選んだのかもう1回考えてみましょう。自分だけで悩まずに、誰かに話を聞いてもらうのが良い方法です。

そのうえで、転職すべきか残るべきか考えてみましょう。一般的に入社して3ヶ月の転職は不利です。それを分かったうえで転職するなら、思い切って転職活動を始めましょう。