プログラマーを辞めたい‥誰しも岐路に立たされる事があります

好きで始めたパソコンの仕事だけど

・自分の裁量で仕事のやり方や仕様決めが出来ない
・肉体労働と言ってよいほどの残業、納期前の忙しさ
・スキルアップが目指せない環境
・年齢とともに自分の将来性のなさに気づいてしまった
・給料が安い

こういった理由でプログラマーを辞めたいと思う方は多いです。

ここでは経験を元に、プログラマーを辞めたいと思った時に、どんな選択があるのか等をお話していけたらと思います。

私がプログラマーを辞めたいと思った理由

モチベーションをキープするのが非常に難しい事が挙げられます。最初は、勉強すれば勉強した分だけスキルがアップするので、モチベーションを維持するのは比較的簡単です。案件ごとに必ず納期というものがありますので、納期のことだけを考えてひたすら作業していたら、結果的にスキルが大幅にアップしたなんてこともよくある話です。

ただ、右肩上がりでスキルがアップするのってせいぜい最初の3~5年くらいが関の山で、一通り技術を覚えたらそこからはスキルが上がりにくくなります。

システムエンジニアの場合は、そういった状態になったら、設計作業を少なくしてマネジメント側に回るなんてことができますが、基本的にプログラマーは指示を受けて作業する側なので、マネジメント側といった側面が存在しません。ですから、長く続けたら仕事自体が単調になってやりがいがなくなり、プログラマーを続けることが苦痛となってしまいました。

プログラマーからのキャリアアップ

転職は、プログラマーと同じIT業界が転職しやすい業界で、職種としてはやはり開発職がメインとなります。

まぁプログラマーの方はご存知かと思いますが改めておさらいすると、開発職の中で主に3つのキャリアパスに分かれます。3つとは、エンジニア、プロジェクトマネージャー、コンサルタントの3職種です。

  • エンジニア
    開発案件の設計そのものを担当する仕事。プログラマーはこの設計に従って実装する仕事なので、プログラマーとエンジニアでは役割が大きく違います。エンジニアはプログラマーをまとめて指示を出す側にあたるため、コミュニケーション能力などの対人対応スキルが必須となることが多いです。
  • プロジェクトマネージャー
    エンジニアには対人対応スキルが必須と前述しましたが、この対人対応スキルに特化したのがプロジェクトマネージャーです。プロジェクト案件を全体的にまとめなければならない、言わばリーダーがこの役目になります。
  • コンサルタント
    設計、プログラム、マネージメントの知識・経験が揃うとコンサルとして活動できるようになります。開発職の最上級職と言えます。一般的には、プログラマーの次のステップとしてエンジニアの道を選択するケースが多いです。

プログラマー自体を辞めたいと思ったらどんな道がある?

もうプログラミングをやりたくない、この道を極めようとも思わないし、SEにもなりたくないと思ったら他職種を探してみましょう。

とは言え、今までのキャリアを認められての転職になるので、完全に他の職種を探すのは難しいと思いますが、それでも半歩だけ横の仕事を探せば採用の確率も高いのでおすすめです。

エンジニア向けの転職サイトなら、マイナビエージェント×ITをおすすめしておきます。

  • WEB系
    WEBを使った企画の立案、サービス提供や、WEBマーケティング側も面白いです。自分で製造する能力があるならそれを活かして一般市場に向けてサービスを展開する仕事を探せます。ECサイトのマネージメント、市場開拓、機能追加などすぐカスタマーから反応があるので興味深いでしょう。
  • 事務職
    事務のお仕事は女性が多いのですがプログラマーから田舎に帰省して、PCのスキルを活かして地元企業で事務職、という方もいます。田舎だとPCスキルはちやほやされるので年収は落ちるかもしれませんが、ワーク・ライフ・バランスとしてはおすすめです。
  • DB屋、NWE
    プログラマーならDBも触ってる人は多いハズです。興味があればDBのスペシャリストへの道もいいでしょう。他にネットワークエンジニアも横道ですがスキルを活かして転身出来なくもないです。

プログラマーを辞めてSEへ、どうなった?

私は転職してSEで採用されました。SEになって一番良かったところは、やはり仕事の自由度が一気に上がったところです。

上層部に許可をもらう必要はありますが、自分の権限で新しいツールやフレームワークを導入していけるので、古いやり方や考え方に縛られることなく仕事ができます。ただ、それにともない自分の責任やプレッシャーも当然増えました。

プログラマーの時はプログラミングさえしていれば許されましたが、エンジニアの仕事はそうはいきません。開発だけではなく、費用対効果や人員配置、マーケティングなども考えて仕事をすることが求められます。その上、プログラマー職と収入がそこまで変わらないという事実も存在するので、そのあたりがちょっとキツイところです。

プログラマーを辞めたい方への助言

プログラマーにはプログラマーの良さがあります。プログラマー職以外のエンジニア職などを志望して、プログラマーを辞めたいと思われている方も多いと思いますが、プログラマーとエンジニアとでは優劣ではなく、適正で考えるべきです。

エンジニアになると、対人対応スキルやお客さんとの交渉スキルなどのマネージメントスキルが必要となります。このマネージメントスキル、結構大変です。もしかしたら、プログラミングスキルとは真逆にあるものかもしれません。

ですので、マネージメントはあんまりやりたくないなあと思われている方は、エンジニアになろうとせずにプログラマーであり続けることをおすすめします。

IT業界にとっても、開発現場にとっても、プログラマーなくして成立はしません。餅は餅屋という言葉もあります。適正があるのであれば、そのままプログラマーのスペシャリストを目指すのがいいでしょう。