職場の人間関係の主な問題

職場には様々な立場の人、様々な家庭環境で育った人が働いています。

どこの職場でも、仕事という共通項を持ちながらも、人間関係が複雑になりがちです。

仕事辞めたい人間関係とは、どのようなものなのでしょうか。

最も多い人間関係の悩みは、周囲の人と上手くいかないということです。

ねたみや僻みからいじめに発展する深刻なケースもあります。

噂話に悩まされるケースも多いでしょう。

上司に相談して解決すれば良いのですが、上司が改善に関与してくれない場合、退職を余儀なくされることも多いのです。

人間関係を解決する手段

解決する手段として考えられるのは、「上司に相談する」「人事部に相談する」「悩みを公にして味方を増やす」といった方法があります。

多くの人が人間関係に悩み始めた時、直属の上司に相談しますが相手にされないこともあるようです。

「仕事さえきちんとしてくれればそれでいい」という考え方の上司は職場の人間関係にあまり興味を示さないようです。

人事部に相談できる場合は改善を申し出てみても良いでしょう。

しかし、人事部は上司よりもさらに公平な立場で物事を判断します。よほど深刻でない限りすぐに解決に動いてくれることはありません。

悩みを公にする方法は社会人としてあまりお勧めできません。

誰にでも人間関係の悩みを相談していては、巻き込まれて迷惑だと受け取られることもありますし、人間関係をより複雑にする「噂話」の種になる危険もあるからです。

一方で、ブラック企業にありがちな上司、同僚の恫喝などの問題もあります。
その場合はブラック会社を辞めたいの記事も参考にしてください。

辞める準備と次の会社探しを

人間関係に耐えられないと思ったら体調を崩す前に辞めるのも一つの方法です。

その時には円満に退職できるように早めに退職の意思を上司だけに伝えておきます。

退職の意思を伝えたら社内では引き継ぎ業務を、社外では転職先探しを始めます。

退職準備と転職準備を働きながら進めていく必要がありますので、転職が成功するまでは忙しくなります。

転職先にはいつまでに退職するという旨を伝え、その後の入社になるとはっきりと伝えておくことが大切です。

急募の求人でない限り1ヶ月先の入社日にOKを出す会社は多いはずです。

転職エージェントに相談可能

転職エージェントを利用する場合、退職の理由について正直に伝えておきましょう。

人間関係が理由で辞めた場合、エージェント側は人間関係に問題がない会社を紹介してくれます。

二度と同じ思いを味わいたくないと思うのであれば、転職先について内情までしっかりと調査してくれる転職エージェントを選ぶことが大切になります。