仕事を辞めたいからといってそのままニートになる人も珍しい事ではなくなりました。

この記事ではニートになるとどんな事が待っているのか、そして実際にニートになった方のインタビュー記事を載せてみました。

何故社会人がニートになるの?

「ニートになろう!」と思ってニートになる人はそう多くありません。

会社に行くのが嫌になって、週に1日休んでたのが休みが2日になり、さらに増え、気づいたら出社出来なくなっています。

会社を解雇される場合もあれば自ら退職届を出して、実家暮らしの場合には取り敢えずの食事には困らないので職探しを始める人も居るでしょう。

しかし求職するも職に巡り会えず求人にエントリーするのもダルくなってきます。仕事探しをする気も起きず、新しい技能を習得しようともせず‥

このようにニートになってゆきます。会社員時にうつ病になってしまう不幸な方もいます。

ニートは余計に状況が悪化する

家で出される飯を食って嫌な仕事はしなくていい、上司や客の顔も見ることはない、ストレスからも開放されればこれほど充実した事はありません。

しかし1度ニートになると履歴書に空白期間が出来てしまいます。また人生における大事な時間を失うのです。

思い立って就職しようと思っても「この空白期間は何をしてたの?」と面接官に言われてしまいます。その説明が出来ないと「社会人としての意識に欠ける」「仕事への意欲が無い」と思われるので、余計に採用が遠のきます

日々貯金残高が目減りしていけばこの先将来への焦りが出てきます。どうせ働かなきゃいけなくなるんだからニートになんかなるべきではないのです。

社会的な責任を果たすべし

日本国民は勤労の義務がありますからやっぱり働かないと駄目っしょ、てことです。

身体が病気になっちゃった方は十分療養して回復してから復職すればいいですので、ニートじゃありません。

社会はもの凄いスピードで流れてゆきます。他の人が仕事の中でストレスにさらされ、知識を得て、人脈を増やし、技能を身につけている間、自分が何もしていなければ差は広がる一方です。

ニートになってから、また社会に合流するのは難しいですよ。

働かないまま収入が途絶えたまま、親が死んだら終わりです。

ニートになった人、結局どうしたの?

ここからは3名の方へのインタビュー記事です。

gorogoro_neet
私が二ートになった理由は、今までしていたバイトをクビになった上に、新しい仕事を探す気も起きなかったからです。
もうしばらく親に養われながら無職やっててもいいか、という気持ちで二ートになりました。ニートのメリットは、働くという誰もが逃れたい苦痛な行為から逃れられること、それにつきます。

嫌な上司や同僚と顔を合わせなくていい、くだらないことで怒られなくていい、それは素晴らしいことだと言えます。 ニートのデメリットは、お金が手に入れられないこと、これにつきます。

お金がないので、欲しいものもあまり変えませんし、引きこもりぎみになります。日々節約生活を送らなければならないこと、これはかなり厳しいです。

私がニートをやめたのは、単純にお金がなくなったからです。お金がなくなったので、止むを得ず仕事を探して二ートを脱出しました。どんな人でもお金がなくなれば、二ートを辞めざるを得ないでしょう。

neet_man2
長年続けていた仕事は身内と一緒にやっていました。ただやり方がどうしても納得できずすぐに口出しをしたりしてると、気が付いたら一緒にできないほど状況が悪化し、そこからニートになってしまいました。

ニートになって感じたことは特に自由度があること、何も考えずただ毎日を好きなように過ごせることがありますが、一番はやはり我慢してきたことをいつでも、どんなときでもできるという時間の使い方でした。

自由度が増したニート生活におけるデメリットには日を追うごとに怖くなります。世間から置いてけぼりされてる感情や、このまま何もせずどうなるのだろうという精神的な不安はニートの間ずっと続きました。

私の場合は身内に結局泣き縋ってまた同じ仕事をしていますが、結果的にそれはかなり悩んでの行動でした。ただ少しでも道があるのなら、そこを切り開いてニート生活から脱出できるようにと考え今はどうにか基の生活を取り戻せています。

国際協力の仕事をしているのですが、この業界は割と契約でのお仕事が多いのです。そのため前の仕事から次の仕事までの間が空いてしまうことも多く、今もニート状態ですが半年ほど経ってしまっています。

実家に住まわせてもらっているので家賃もいらないし、食費もほぼかからないということですね。「仕事してないんだから」と多めに見てもらえるというか、短期間のニートであればみんな優しくしてくれます。

毎日が暇になることではないでしょうか。私は空き時間を次の仕事のために英語を勉強したり、図書館で本を読んだりしていますが、何かしないと毎日が退屈ですし何より運動不足になりやすいです。

契約の仕事をとらなければいけないので、前の仕事のコネを生かして仕事を探しまくります。今待っている次の仕事も前の職場の時の知り合いでしたので、とにかく次の仕事を見つけなくてはいけない!という危機感を持つことですね。