「仕事を辞めたい」この思いを持っていると心にスキが出来てしまい、マルチ商法に取り組んでしまう事がありますので気をつけて欲しいという思いからこの記事を書いています。

マルチ商法とは?

マルチ商法はマルチレベルマーケティング(MLM)とも言われますが、呼び方が違うだけで中身は一緒です。よく一緒に混同されがちな「ネズミ講」という商売もありますが、ネズミ講は違法なのに対してマルチ商法は違法ではありません。ねずみ講はペーパービジネス(商材が無い)からすぐわかります。マルチ商法で扱う商材はサプリメントや健康食品や化粧品などの消耗品を扱う事が多いです。ディストリビューターと呼ばれる会員が新しい顧客またはビジネスディストリビューターを勧誘し商品を販売していきます。自分が勧誘してビジネスをスタートしたA君の売上が自分にも還元されるシステムを採用しているので、多段階、つまりマルチレベルなマーケティングという事でこの名前が付いています。

マルチ商法の問題点は?

マルチ商法の問題点は多々あります。会社自体に問題があるケース、商材がゴミのような商材で適正価格以上で売られている事、強引な勧誘、不実の告知などの違法な商売の在り方です。セミナーが開催されマインドコントロール的に会員にしてしまう手法が取られています。会社や会員の問題で業務停止命令などが適用されるケースも見られますが、中には上場企業などもあり適性に運営されている(ように見える)会社もあります。

仕事辞めたいとマルチ商法はセット

仕事を辞めたいと思っていると、辞める方法を探し始めるでしょう。その中でマルチ商法に出会ってしまい会社を止められる手段として取り組むケースが跡を絶ちません。今の会社よりも楽そう、稼げそう、人間関係で辛く無さそう、と見せる事によって人を引き込む商売です。

私が所属していたサラリーマンの会社では新入社員が入ってきました。彼は社員になる前から、つまり大学生時代からマルチ商法を知っていて社員になってから取組始めたようでした。その事実をしってから先輩である私達は彼にそのマルチを辞めさせるように説得を始めたのです。基本的に友達を勧誘することでビジネスを進めていく商売ですので、いずれ人脈が尽きれば終わってしまいます。また無理に友達を誘おうとして友達を失うケースがよくあるので、そのことを一生懸命伝えたのですが・・・

彼は始めて入社した会社の業務もロクに覚える事ができず、人に散々迷惑をかけていました。仕事が出来るわけないですし、会社を定時で上がって渋谷にいそいそセミナー通いしていましたね。カタログを抱えてをそれを誰かに買ってもらおうと必死でした。サラリーマンの仕事もおざなりで(というか会社は副業を禁止しているのに)周りに怒られながら仕事をしてました。

そんな彼、一念発起して会社を辞める事になりました。理由はBIGな男になるためにマルチ商法で生計を立てるために会社を辞めて全ての時間をマルチに注ぐそうです。なんと愚かな。。彼の人生ですから引き止めはしません。会社に居ても仕事が出来るわけじゃないし同僚ともうまくいってない。そんな人間がマルチで成功なんか出来るワケがないのに。

その後、彼を見たものはいません。いまでも渋谷界隈でカタログを持って商品を売っているのでしょうか。。仕事を辞めたいと思ったら別の方法を考えてくださいね。ましてやマルチ商法なんぞに取り組まないように。