kekkon

「結婚するから仕事を辞めたい」このような方も多いです。まずはおめでとうございます、と言いたいですね。

けど仕事に関しては気が重い、辞めたいと言いにくい、職場に迷惑がかかる‥と悩ましい事も多いです。主に女性側のご意見です。

実際に結婚を理由に仕事を辞めると言ったら

そんなの非常識と言われた
お局上司に露骨に嫌な顔をされた
忙しいから無理と、あしらわれた

なんて声も聞こえます。逆におめでとうと言ってくれて円満に退社できた方もいます。違いは職場の風土、個人の性格としか言いようがありませんが。

結婚を機に仕事を辞めるときに円満に辞める言い方

職場の人間関係や忙しさなどで言い出しにくい話題かもしれません。職場に年上の未婚女性が居る場合なんかは嫌な顔をされるかも、なんて思ってしまいます。

正直に本当のことを言うべきか、建前でその場を取り繕うか想定してみましょう。

建前で仕事を辞めなきゃいけない、という

本当の理由は隠して、例えば「転職が決まった」とか「病気療養のため」とか「親元に帰省しなきゃいけない」などいろいろ理由は告げられます。引き留めされにくい理由ですね。

その場は取り繕えますし円満に辞めれるでしょう。問題は辞める日までにバレないか、辞めた後でもバレないかです。結婚することを同僚や仲のいい人に言ってた場合は彼女たちからバレる可能性があります。

気まずい思いをして送別会をしてもらうのも気が引けますね。

本当のことを言う

「結婚するので会社を辞めます」と言う。これが最もストレートで遺恨なく自分の気持ちも晴れやかです。

中には「忙しいのに寿退社なんて常識が無い!」なんていう老害も居るかもしれませんが。そんな事言う人はそっちの方が常識はずれです。あまつさえ「おめでとう」も言わないような人なら。それが上司だったらそんな会社辞めて正解!

という事で円満に辞めるのはストレートに言うことです。強い心をもって。気にしなくていいんです。

ただ、相手のことも気遣ってあげられればとも思います。

相手は「これから自分が忙しくなるかも」「人が抜けた穴をどうカバーするか」と考えます。あなたへの祝福よりも自分に降りかかる仕事量を恐れるでしょうから。

結婚するから仕事を辞めたい、は無責任なの?

無責任じゃないです。

会社との雇用契約、社内規定に違反してなければ大丈夫。多くの会社で辞める1か月前に退職届を出すことが決まっています。その規則にのっとり退職届が出せるように手続きをふんでいくことです。

1か月以上前に上司に言い、1か月間の業務引き継ぎと、有給取得(あれば)の期間を考慮するのがいい感じの流れかと思います。

  • 職場が慢性的に忙しい→人材を採用していない会社の責任
  • 自分が抜けた後の仕事が誰かを圧迫する→人材を採用していない会社の責任
  • 引き継ぎ者が居ない、採用できない→人材を用意していない会社の責任

普通は誰かが辞めたらその分をキャッチアップする体制が組まれているはずです。1人に仕事を押し付けていて、1人が辞めたり休暇を取ったら仕事がまわらないのはリスクヘッジが出来ていない上司が無能なんですよ(笑)

仕事を辞めなければ結婚できない?

こういう方もいます。「結婚したいので仕事を辞めたい」は逆に言えばs「仕事を辞めないと結婚できない」という事になっちゃいます。

例えば?

  • 相手の親に仕事を辞めて家庭に入るように言われている
  • そんな仕事辞めろと言われている
  • 旦那が異動になって遠く離れるので自分も辞めてついていかないと
  • 結婚して共に暮らすのに今の会社だと通勤が遠すぎる

後はどちらを優先するかですね。女性でもキャリアを形成したい、ばりばり働きたい方もいます。いったん仕事を辞めると次の仕事を見つけにくい事情もあるでしょう。

価値観や自分の年齢に基づいて判断されますように

結婚で辞めた後の再就職は厳しいか

結婚を機に仕事を辞めた場合、旦那さんの元に行くために引っ越しをする方もいるでしょう。

その土地でまた仕事を見つけるかもしれないし、しばらく家庭に入って専業主婦になる人もいます。正社員を辞めて、時間の融通が利くパートや派遣社員という契約を望むことも。

一度キャリアを止めると正社員としての就職が難しい場合もあります。日本の企業だとブランク期間があるのを好ましく思わない人事もいますから。

特定の資格を保有していれば、また話は別なんですけど。

そうでなければブランク期間を説明できる材料が欲しいですね。勉強していた、他に資格を取った、スキルを磨いていた等の前向きな理由。その方が再就職がしやすいはずです。