トップページでは年代別や状況別に辞めたい時にどうするかを書いています。

ここではどんな状況の人は辞めていいか(辞めた方がいいか)、そして今辞めては駄目な人、をまとめています。

仕事辞めていい人

うつ病など、病気になってしまった人

会社に休職の制度があれば活用して休ませてもらいましょう。制度として無い、上司や社長が認めてくれない場合はもはや辞めた方が良いです。身体に異常がある状態で仕事をして事故やトラブルにあったら大変です。「死にたい」と思ってしまう方もいます。仕事を辞めるより死を選ぶのは辞めてください。辞めさせてもらえない等が考えられるなら医者の診断書を持参することです。

職場の人間がカス

人間関係うんぬんいう以前に職場の人間がどうにもカスな場合ってあります。社長が人格者ではない、上司がパワハラ、セクハラ、暴力、暴言が酷い。社内でいじめがある。他人を蹴落とす風土がある、etc 

法的に問題がある場合は法テラスや労基署に相談する事は勿論ですが、そんな会社辞めた方がいいです。人は環境に染まりやすいです。自らの性格が歪む前にまっとうな職場を探すべく転職活動をしましょう。

希望の職種に配属されなかった

新入社員や若手で多いケース。これは辞めてよいです。何故か?それはやりたい仕事のために学生時代があったはずです。大学や専門学校に行った方なら4年間はその職種に就くために専攻を選んだはず。その努力・時間・知識・技能をリセットして他の職種に配属させるのは人事の落ち度です。

このケース新入社員とはいえその部署に居れば数年間という時間を浪費しかねません。職種は同じ職種での経験年数が多い方が良いとされます。早めに希望を出して異動することです。あるいは転職活動も視野に

※問題はいまの新卒で筋の通った希望の職種が無いという事ですね。仕事で選ぶんじゃなくて会社のブランドめあてで就職活動するような人が多いようです。

家庭の事情

これはどうしようもないですよね。議論する余地が無いです。辞めましょう。結婚・出産・引っ越し・実家の支援などが挙げられます。収入がゼロになる場合もありますね。田舎に行けば仕事探しも大変でしょう。夫婦でよく相談して。

給料が低い、会社の将来性が無い

これは辞めてもいいのですが、上手に転職活動をすることです。自分の市場価値を把握して、今以上の年収が得られそうか。転職活動して今より良い会社と巡り会えたら辞めればいいので割とデメリットがありません。

会社の経営が傾いてる場合もすぐ転職を。泥船に自らの命を預けられますか?自ら大海原を泳ぎ切れる自信がありますか?なければすぐヨソを探すことです。

残業が多い、プライベートが少ない

会社のせいなのか自分の能力のせいなのかにもよります。慢性的にチームのスタッフ全員が多忙で時間が無い、残業、休日出勤がある。しかも改善する上司が居ない。安い給料で社員を使い倒す事がまかり通っている‥そんな会社は辞めていいです。

自分で責任を負って改善の努力をすることは素敵ですが会社だとチームで仕事をするのでこの問題は改善しない場合が殆どです。

周りは早く帰ってるのに自分だけ忙しい‥これは自己責任じゃないですかね。職場を変えても同じ事象に陥る可能性も。仕事のやり方を改めて。

仕事辞めて駄目な人

人間関係

上司や同僚と意見が合わない、性格が嫌い、上司が厳しい、仕事のやり方が合わない、うまくお付き合いできない。

これだけじゃ仕事辞めちゃ駄目ですね。自分が問題を引き起こしている可能性もあります。こういう人は職場を変えても同じような人間関係の問題を抱える傾向があります。

自分の言動、立ち振る舞い、仕事の進め方、一般常識、マナー、スキル、考え方、人徳など見直して。

自分がいっぱいいっぱいすぎて、テンパる人、キレやすい人、感情で動く人、気を付ける事です。

仕事を教えてくれない

新卒や中途採用者に見られます。新卒には先輩社員が1人ついて仕事を教えてくれるのが慣習としてあります。でも教えてくれない。研修が無くいきなり仕事場に出される人もいますし。

「仕事なんて見て覚えろ」「仕事は自分で作れ」「仕事は取ってこい」という働き方のスタイルなのかもしれません。仕事を教えてくれないから辞めたい、というのは甘え。学生気分。自分で工夫して稼げるようにならないと。

上手に先輩や上司に師事すること。自分の思い込み、条件付けにはまってないで自由に仕事すればいい。

暇、この職場では成長できない

仕事が無くて暇すぎる。時間だけが過ぎていく、こんな職場は辞めたくなる気持ちもわかりますが、上手に活用することです。職場で資格の勉強をしてもいいし、パソコンを使って副業してもいいし。背徳感を感じる人もいるかもしれませんが。

ただこの先も今の職種でのレベルアップを考えている方、この職場では成長が見込めないという方は早々に辞めた方がいいです。資格よりも実務の中でこそ得られる成長は大きいので。会社を変えてさらなるスキルアップを目指しましょう。

40代、50代、脱サラ希望

40代~50代は簡単に仕事を辞めちゃ駄目ですよね。辞める前に家族と相談することです。この年齢、脱サラを考えて辞める人も多いです。

今までサラリーマンをしてた人が起業してうまくいく人なんて10人に1人ぐらいです。奥さん、子供が居るなら一番お金がかかる年代。辞めて収入が途絶えたら大変。脱サラするなら売上が維持できる見通しが立ってからです。せめて週末起業スタイルで売り上げを確保してからでしょう。辞める決心がついたのなら余程のことだと思います。

公務員

公務員は将来と給料と福利厚生が約束されている日本で最もぬるくてコスパの良い職業です。(すべての人が、ではないですよ)

公務員として働いてた人が他に働ける仕事なんてほぼありません。中途採用で採用するとしたらシビアな職環境で研鑽してきた人材を採用します。どんなに苦しくてもそれは甘え。一生しがみついてないと駄目でしょう。

ただし日本や国民・市民へ貢献したい気持ちが無い人はどうぞ今すぐ辞めてもらいたいですね。