派遣社員を辞めたい、正社員を目指したいという方のために私の経験からお話が出来ればと思いました。

派遣社員で居たという事実が正社員への足かせにならないように、どんな仕事を見つければ良いかなどもお話しています。

派遣社員のデメリットとは

正社員の方と一緒に働く中で、待遇や福利厚生の違い、仕事内容に制限が出るのは責任範囲が違うため仕方がないかもしれません。

しかし、職場の雰囲気にもよると思いますが、派遣社員と正社員の間には壁があることも多く、同じ職場にいながら同じ会社の一員ではないと感じる事も多いでしょう。

正社員の方に気を使うのはもちろんですし、正社員の指示をもとに動くので、もっとこうした方がいいという気付きがあっても言い出せない雰囲気があり、やりづらさもあります。

労働時間は正社員と大きな違いがないにも関わらず、給料は正社員の半分以下、また、雇用期間が決まっていて、契約更新されなければ職を失うという不安を抱きながら仕事をするというのは大きなデメリットといえます。

私が派遣社員を辞めたいと思った理由

正社員と派遣社員との溝を感じながら仕事をするのが辛く正社員を目指そうと思いました。

正社員の中には良い方たちも沢山いらっしゃいましたが、派遣社員を使い捨てのように扱う人も中にはいました。また、3ヶ月に一度更新時期が設けられており、そのたびに「更新が無かったらどうしよう」という不安がありました。

派遣社員から正社員に上がる制度は設けられてはいたものの、実際に正社員になれたという例は聞いたことはありません

この先ずっと不安な気持ちを抱きながら働くのは嫌でしたし、将来的にも安定した正社員になりたかったというのが一番大きな理由です。

また、正社員はボーナスがありますが、派遣社員にはボーナスがありませんでした。ここで年収の差が大きく生まれる点にも不満を抱いていました。

派遣社員から何の仕事で正社員を目指す?

正社員を目指すにあたっては「タイミング」が最も重要かもしれません。世間で不景気になると企業も中途の雇用に前向きでなくなり、求人数が減ります。

逆に景気がよくなれば人材不足になりますし企業にも体力がありますので、中途の採用枠も増え、またイチから研修して育てて行こうという流れになってきます。

タイミングは自分では選べませんので、次にどんな仕事が採用されやすいか、という話になってきます。

今までの経験を活かした転職

派遣社員であっても正社員を目指すにあたってはそれまでのスキル・経験を生かすことが可能です。

私はコールセンターで働いていた経験を活かしました。

例えばコールセンターで派遣社員として働いていたのであれば、コールセンターのSV(管理者)として正社員への転職を実現する人が多いようです。コールセンターではオペレーターの多くは派遣社員などの非正規社員ですが、管理者は正社員という構成の会社が多くあります。オペレーターを指示したり、二次対応など業務の幅は広がりますが、それまでの経験を生かして活躍している人が多くいます。

コールセンターに限らず、探し方としては今働いてる業界とおなじ業界で探すのがオススメです。グループ会社や子会社、ライバル企業の求人を集めてみましょう。

未経験の職種への転職

未経験OKでも採用に前向きな職種や企業は一定数あることがわかりました。

例えば生命保険の営業などは正社員の経験がなくても、一から正社員で転職しやすいです。経験や経歴よりもポテンシャルが評価される傾向にあるのがその理由のようです。半年は基本給が出ますがそれ以降は歩合給となるため件数が取れないと手取りが10万以下になる事もあるようで、厳しい世界です。ご自身に能力があるとお考えならチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

物流や飲食業界では人手が不足しているため、派遣社員からでも未経験で転職をする人も増えています。飲食や物流はなかなかなり手が居ないのも実情です。研修や教育を行えば、転職後に活躍している人も多いことが理由に挙げられます。

また年齢が若ければIT系も未経験で採用する企業が増えてるみたいですね。

転職サービスに登録してスタッフの方とお話してみてはいかがでしょうか。その人の経歴やスキルにあわせて、自分が思いもしなかった業界・職種を紹介される可能性があります。この分野においてはハタラクティブというサービスが得意のようです。

派遣社員を辞めて正社員になってみて

私は派遣社員をやめて、正社員として営業事務へ転職しました。

良かった点は年収がアップしたことです。派遣社員の時はボーナスはありませんでしたが、正社員では年2回、ボーナスがあります。これまで月収だけではなかなか貯金できずにいましたが、ボーナスで貯金に回すことができています。また、雇用期間に制限がないので、業績が大幅に落ちたり、リストラされない限りは安定して働ける環境を手に入れられたのが良かったです。

一方、良くなかった点は残業時間が増えたことです。派遣社員に比べて正社員では責任が求められるので、その分時間外労働も増え、定時で上がれるということはほぼ無くなりました。また、日々の業務でももらった指示で動くのではなく、自分から仕事を見つけて動くという主体性が求められます。その点はハードかもしれません。

派遣社員を辞めたい方へのアドバイスと年齢制限

今は派遣社員に不満を持ってやめたいと思っていても、その経験・そこで身につけているスキルは今後、必ず活かすことができます

将来的に目指している職業と今やっている職業がたとえ違ったとしても、何らかの繋がりで「あの時、あれをやっていて良かった」「あの時の経験で学んだことだ」と感じられる時がきっと来ます。

地道に目の前のことをやっているときっと何かに繋がりますし、やりたいことが明確になることもあります。

また、派遣社員から正社員になりたいという思いがある人は、いわゆる紹介予定派遣の制度が浸透している会社なら一生懸命経験を積んで正社員を目指すのも良いでしょう。

もしそういった制度がないのであれば、年齢が若いうちに転職することをお勧めします。正社員になれるかどうかは、それまでの経験やスキルはもちろんですが、年齢制限がある場合も多いためです。