ここでは私が栄養士を辞めたいと思った理由や、辞めてどうなったか、また今辞めたい方へアドバイスなどをしていきたいと思います。

栄養士の仕事、なにが辛い?

栄養士として仕事をしている時に辛い点は、給料の安さを挙げる方が多いでしょう。

栄養士という資格は、栄養学科を卒業すれば取得できる資格であるため、毎年多くの栄養士が就職活動のため、花形である病院を筆頭に、給食センター、幼稚園の給食などの献立管理をするなどの仕事に就くこととなります。

特に花形である病院に勤務が決まっても、病院の規模によって給与が大きく異なり、ボーナスが数万円のとこもあれば、40万円以上も1年目からいただけるところがあるなど格差が酷いのが特徴だと思います。

花形である病院でも大型の病院は採用募集もほとんどないため、なかなか希望する職場で活躍できる栄養士がいないと言うのも業界として問題なのではと思いますし、病院勤務であれば医師の給料や看護師の給与よりも一番少ないのが栄養士になるので同じ病院内でも格差が激しく感じるでしょう。

そういった理由で栄養士を辞めたいと思う方も多いです。

私が栄養士を辞めたいと思った理由

栄養士をやめたいと思った理由ですが、大学時代の同期で同じ栄養士として仕事をしている友人と同窓会をした時に、職場による格差を知ったことでした。

私は病院勤務をしており、友人は幼稚園の専属栄養士として活躍をしていました。友人たちからは、病院勤務だから給与が高いのでは?と言う目で見られましたが、正直に給与を話し合ったところ幼稚園勤務の友人が私よりもはるかに多い金額をいただいており、勤務内容を聞くと私と変わらないと言うことで不満に感じました。

また、病院勤務であるため、プライドの高い医師たちから栄養士は下に見られた発言を何度も耳にするなど、専門職としてリスペクトされることもない状況にも疎ましく思うようになり栄養士を辞めたいと思うようになりました。

栄養士から異業種転職、どこへ?

事務職へ

栄養士として仕事を辞めた場合、女性であれば事務職などであればどの企業でも勤務可能だと思います。(契約形態が社員として雇われるかはわかりませんが)

栄養士の業務の中で、パソコンを使用して業務日報を毎日つける習慣があるので、パソコン操作については自然と業務を通じて身についていきました。そのため、パソコンを扱う事務職などであればすぐに業務を覚えることができるほか、身についたパソコン操作も行かせるため、転職しやすいと思います。

販売職など新しい分野へ

また、コミュニケーション能力も高いため、販売職も転職可能です。アパレル関係やジュエリー関係なども栄養士の友人が転職しているので、専門的な知識を活かさなくても自分らしい新たな挑戦においても抵抗なく転職できます。

営業職

人によっては高いコミュニケーション能力を生かして営業職も転職可能です。患者様の年齢は幅広いため営業職としても不特定多数の年齢も性別も関係なくすぐに打ち解けて、信頼関係を築けるのも栄養士として業務を経験した人ならではのスキルですので環境の違う営業職も可能です。

栄養士を辞めてからの転職活動とその後

栄養士をやめてから転職をすぐに行いました。一人暮らしをしていたのですぐに仕事を探さなければいけない環境だったからです。とにかく始めの数ヶ月は退職手当などを頼りに生活を行う傍で転職活動をしていました。

栄養士としての業務を離れて日が経過していくうちに、また栄養士としてせっかく身につけた知識を活用しないのは大学に進ませてもらった両親に悪いと思い、再度病院以外で栄養士を募集している幼稚園に応募をしました。

主に、給食センターが備え付けであるようちえんでの献立作りや園児の食事の監修などを行なっていました。病院とは違って目の前にいる子供たちは元気な子ばかりなので一緒にいるだけでこちらも元気をもらうことができたのはとても良いことでした。

辞めてから転職活動ではなく、勤務しながらのほうが収入が途絶えないので精神的に落ち着いて活動できたな、と思いました。

栄養士を辞めたい方へアドバイス

栄養士をやめたいと思っている人へのアドバイスとしては、何に不満を持っているのか明確にしてから退職をするべきと言うことです。

ただ、仕事が嫌だから、人間関係が悪いからと言うだけでなく、次に転職するのであればそのような不満点を踏まえてどのような職場で経験を積んでいきたいのかを明確にしてから転職するとスムーズに転職活動での面接や履歴書の作成にも生かすことができますので、結果として短期間で志望する求人から採用通知をいただくことができるようになります。

また、栄養士という仕事を続けていくのか?全く違う分野で活躍をしたいのかもしっかりと考えて次の道を歩むようにしましょう。

栄養士として最低でも3年以上経験を積んでいると専門職なのですが人材も多いので転職の募集要項をクリアできない時もあるので、3年以上はボーダーラインとしてクリアしてから転職をしておくと良いですよ。