仕事を辞めてよかった悪かった事例

仕事を辞めた方々の事例を綴っているカテゴリーです。

「辞めてよかった」

「辞めなきゃ良かった」

など様々な状況が見られます。どうして辞めなきゃよかったと思ったのか、あのときの判断は何故間違いだったのかを教えてもらう事で自分に活かしてみて下さい。

辞めてよかったのはこんなケースに多い

転職した人にアンケートをとると、「辞めてよかった」という人と「辞めなきゃよかった」という人、どちらが多いと思いますか?

実際には「辞めてよかった」「転職してよかった」というケースが多いです。

そして必ずしも給料アップやキャリアアップだけが良かったと思える点にはならないのです。

環境が良くなった、人間関係よく働ける、自分が役に立っていると実感できる職場、、など人それぞれ転職で叶えたい希望は違います

辞めなきゃよかったのはこんなケース

utubyou3

1度辞めてしまうと2度と前の職場に戻ることは叶いません。

隣の芝生は青く見えるとはよく言ったもので、転職してしまって初めて前の職場が良かったことに気付く事もあります。

どんな点で後悔しているのが多いかまとめてみると

  • 給料がダウンしたこと
    →給料のベースが良い会社だったこと、残業代がしっかり出る会社だったこと。そこから残業のない楽な職場へ移ってしまったために残業代も出ずに給料が大きくダウンしてしまい後悔しているケースはあります。
  • 大手を辞めて中小へ
    大手には大手の良い部分があります。それは給料の高さや福利厚生の良さだったりします。一方デメリットとして身動きのとりずらさや旧態依然とした体質が根強く残っている点です。それさえ許容できれば長く働けたのに。。チャレンジしようとベンチャーに移ってしまったために出世のポジションは少ないし、福利厚生は無いし、会社の景気に左右されやすい事に気付いても転職した後では遅いのです。
  • 先に辞めて、転職活動をするケース
    いくらブラック企業であったとしても半年間で辞めた人材を、他の会社が採りやすいかと言えばそうとはいえません。ブラック企業に在籍していたとしても、在籍しながら次の職場を探す活動をすべきです。勢いで辞めない事が大事。一度職を失うと焦りが出て、条件の悪い企業に入社してしまう羽目になります。

仕事辞めたいからと言ってニートになるべきじゃない、その理由と事例

仕事を辞めてよかった悪かった事例

仕事を辞めたいからといってそのままニートになる人も珍しい事ではなくなりました。 この記事ではニートになるとどんな事が待っているのか、そして実際にニートになった方のインタビュー記事を載せてみました。 何故社会人がニートになるの? 「ニートになろう!」と思ってニートになる人はそう多くありません。 会社に・・・

仕事辞めて後悔したこと、転職失敗したと思った事例

仕事を辞めてよかった悪かった事例

私は理学療法士と言う仕事を5年間やっていて、とても疲れる仕事で、休みの日も勉強をしないといけないため、辞めました。 そして楽な仕事がしたいと思い、事務作業の仕事を選びました。 実際やってみると、簡単てはありますが、やりがいのない仕事で何か物足りない感じがしました。 やっぱり自分には事務ではなく、人の・・・

会社を辞めてよかったと思える成功事例

仕事を辞めてよかった悪かった事例

年明けに自分は病気になり、一か月ほど入院生活をしました。 会社はいわゆるブラック企業。 ストレスや生活習慣病などが重なり、病に倒れてしまいました。 休みも少なく、給料もそれほど多くなくプレッシャーな毎日でどうにかなりそうでした。 入院中に仕事を辞めると決意し、入院後に退社しました。 生活の不安があり・・・

ページの先頭へ