美容師は華やかな職業に見えて実際は地味で、努力が必要なお仕事ですね。

資格を取って就職したものの辛くて辞めたいと思う方、実際に辞める方が非常に多い職業かと思います。

美容師を辞めたいのはこんな時

美容師の仕事で辞めたいと思う理由で多いコトをピックアップしてみました。

  • 専門学校を卒業してすぐにお客様に入客できない
  • 給料が安い
  • 正社員で働くとなかなか希望の休みが取りづらい
  • 美容室は休日が忙しいので必然的に土日祝は休みが取りづらい
  • シャンプーやパーマなど薬剤で手が荒れる
  • お店にもよりますが営業終了後や営業前に練習があり帰りが遅くなる
  • 専門学校を卒業しても練習が辛くアシスタントの段階で頑張れず辞めてしまう
  • 技術で仕事をしたいのに、接客やコミュニケーションが面倒くさい
  • 立ち仕事のため腰痛で続けられない

私自身も練習が辛かったり、生活スタイルが大きく変わってしまったのでアシスタントの段階で辞めてしまった事があります。

総合的に美容師という仕事を甘く見ていた方、「早く一人前になりたい」とか、「独立して店を持ちたい」、といった目標が無いような人は軽々しく辞めたいと思う傾向があります。

3度の美容師辞めたい、からの転職

美容師の画像

恥ずかしい話ですが美容師としての転職は三度程転職しています。

一番最初の美容室は生活スタイルが大幅に変わったことで自分自身体調を崩してしまいがちになってしまったからです。

二番目の美容室は個人店で店長さんに技術を教わるのですが、教育カリキュラムがしっかりしていなかったので「このままこの美容室に自分が勤めていて本当に成長できるのか」という疑問を思ってしまったからです。

アシスタントを経てスタイリストとして数年頑張ったものの、最終的には理不尽な事を言うお客さんが多く、また技術で喜んで貰いたいのに、技術以外の部分で耐えなければいけないことが多く美容師の仕事じたいを辞めたいと思うようになりました。

また給料が上がらないのも辞めたいに拍車がかかりました。

結果的に「美容師」という職業を置いて転職することにしたのです。

美容師を辞めて異業種に転職するには

美容師を辞めて、他の仕事に転職を考えた場合、どういった仕事の可能性があるか整理してみます。

接客スキルを活かす

まず美容師を辞めたら、接客スキルを活かした転職はまず最初に検討したい所です。

美容師を辞めて転職するとなれば従業員が少ない飲食店やアパレルが転職しやすいでしょう。今飲食業界は人手不足に悩まされている会社が多いと思います。

器用さを活かす

手先の器用さを生かすのであれば倉庫内作業などの物流業も転職可能です。

パソコンスキルを活かす

美容室自体でパソコンを使用しているところも多いのでパソコンのスキルがあれば事務関係やオペレーターなども転職が可能です。

一般企業の事務職への転職も若ければ可能でしょう。美容師時代に培った技術を一切使うコトのない仕事でも未経験転職はできます。

ただ、髪色を自由にできないというデメリットが発生します。ファッションなどの身だしなみを今までのように崩したくなければ、それを踏まえて転職活動する事が前提となります。

美容師を辞めて感じているメリットとは

私は美容師を辞め、たくさん転職をしています。

時間の融通が利く点に関しては自分の時間ができたり、プライベートも美容師の時よりは充実しているので気持ちや体力的に余裕があるのはメリットです。

美容師を辞めたいと思った理由、それを解消できる転職を実現するコトが重要です。

私は老人相手のお客さんとの会話が嫌で事務職に転職しましたので、面倒な接客が無くなったのは私にとっての利点でした。

将来、この会社を辞めてまた美容師に戻るコトもできるので、転職はデメリットではありません。

美容師を辞めたいアシスタントへのアドバイス

スタイリスト

今、美容師を辞めたいと思っている方はもう少し頑張った方がいいと思います。

アシスタントの段階で辞めてしまうと、どこの美容室に就職しても一番初めからの練習になってしまいます。

その期間を我慢してスタイリストになってしまえば、1000円カットに就職したりもっと今の美容室よりいい美容室へ就職できたりもします。

他業種へ転職して、また美容師に戻ってくることもできますし。

スタイリストに頑張ってなってしまえばいくらでも転職先はあります。

私自身アシスタントの段階で辞めてしまったので苦労した事が多いので、今もしアシスタントで辞めたいと思っている人がいたら、スタイリストになるまで辛いですが頑張って欲しいと思います。

美容師を辞めたいスタイリストへのアドバイス

スタイリストであれば「なぜ仕事辞めたいのか」を明確に考えてみましょう。

私のように「接客が嫌だから事務職をやりたい」のように辞めた先にゴールが見えるのであれば転職という選択が望ましいです。

私の友人美容師は腰痛が治療できずやむなく歯科衛生士の資格を取って転職した人もいます。

私の母も美容師で辛い下積み時代を経て、お店を開業して何十年もやっています。将来私が店を継ぐ事になるかもしれないので、友達相手に技術力は今でも磨き続けています。

美容師はスタイリストになってしまえば、年齢もありますが、いつでも復帰できる仕事だと思うので今の不満を解消するため転職活動をしてみましょう。