アフィリエイトとは?

在宅の仕事のなかでもアフィリエイト収入というのは、自分で開設しているサイトやブログで広告主の商品やサービスの紹介をして、サイトの閲覧者がその商品を購入するなどの成果が上がったときに得られる報酬のことです。

アフィリエイト収入というのは、要するに広告収入を考えていいでしょう。

テレビが番組の制作費をCMから得るのと似ています。

自分で情報を発信して、そこに訪れたユーザーが広告の商品やサービスを購入して、その広告収入を得るというシステムです。

アフィリエイト収入を得る仕組み

アフィリエイト収入を得るには、アクセストレードと呼ばれる広告を配信する会社と契約する必要があります。

アクセストレードは広告主である企業やサービス施設と契約しており、その仲介をしてくれます。

アクセストレードから配信される広告を自分のブログに掲載します。

ユーザーは広告をクリックして広告主の会社で商品を購入すると、その成果が承認されて報酬がアクセストレードに支払われます。

その報酬がさらに自分の手元に入ってきます。

自分の出した広告が発信元となってユーザーの購買行動が発生したことが評価されたということになります。

アフィリエイトのメリット

アフィリエイトには多くのメリットがあります。

ブログの開設にはほとんど資金がかかりません。

始めるにあたってほとんどノーリスクであるということです。

また、自分で商品を直接販売するわけでないので、商品の在庫を持つ必要がありません。

また、ブログはネット上に常駐していますから、24時間365日ずっと営業していることになります。

また、ネット上に公開されたブログやサイトは全国どこからでも閲覧することができます。

自分のパソコンを通して日本中の人を相手に商売できるということになります。

ブログなどの媒体を準備して広告を設置して、そのブログが集客をしてくれます。

実際の収入は人それぞれで、毎月5000円程度の人もいれば、数百万稼ぐ人もいます。

月に100万円というとすごい数字のようですが、アフィリエイト収入としては中堅クラスです。